住宅ローンの借り換えをシュミレーションし、検討してみよう

マイホームを購入するのは、非常に大きな買い物。
人生のなかで最大の買い物といっても過言ではないでしょう。
そんな住宅購入だからこそ、住宅ローンを利用する人も多いですね。
住宅ローンとは、家やマンションの購入資金として、金融機関から借り入れを行うことですが、この住宅ローン、近年利用する方に増えているのが住宅ローンの借り換えです。
借り換えという言葉が示すように、これは初めに組んだ住宅ローンの返済途中に別の金融機関から再度借入をし、初めの金融機関へは返済をして、その後は新たな借入を行ったほうの機関へ返済していくというもののことをいいます。
なぜこんな面倒なことをしなければならないのか、どこにそんなメリットがあるのかと思われる方もあるかもしれませんが、それはいうまでもありません。
もちろん、返済総額を減らすため、利息を減らすためです。
わずか数パーセントの違いでも、最終的な返済額の合計では大きな違いとなってきます。
今現在、住宅ローンの借り入れを行っていて、利息がちょっと高いなと感じている人などは、ぜひまずほかの借り換え金融機関の利息を調べ、住宅ローンの借り換えシュミレーションを行ってみましょう。
一般的に言って、元のローンと新たなローンの金利差が1%以上あり、残りの返済期間が10根に上ある場合、またローン残高が500~1000万以上ある場合、借り換えの効果は明確にあらわれるといわれています。
自分が該当すると思われる方はとくに、情報収集をいち早くはじめ、借り換えを検討しましょう。
ただし、借り換えを行う場合には、その際の諸経費が保証料、手数料などと別途かかってきます。
せっかく借り換えで金利が安くなっても、新しく必要となるこの諸費用で帳消しにされてしまう、または逆に損をすることになるといった事態に陥ってしまっては、努力も水の泡です。
ですから、この諸費用も含めた比較、マネーバランスをシュミレーションすることが大切なのです。
もちろん、借り換えの際にそちらの金融機関で新たに審査も行われます。
この審査に通ることができないと、利用することができません。
また住宅ローンの仮あけは物件の担保評価があるために、現在のローン残高があまりに多い場合は利用できないといったケースも考えられます。
計算上はうまくいっても、利用できない可能性もあることは頭に入れたうえで、よく研究しましょう。
ここで紹介した条件に当てはまらなくても、金融機関ごとで提示しているサービスにはそれぞれ特徴があり、ケースによってはぐっとお得になる場合や、期間を延長して返済負担自体は軽くなるといったものなどもあります。
自分のマネープランとしてよく向き合い、総額をできるだけおさえた完済に向けて、メリットの多い借り換えはないか、よく検討してみてください。

おすすめ関連リンク集

住宅ローン減税とは?控除の手続き!【2017年減税条件は?】
住宅ローン減税はどのような制度なのでしょうか?このサイトでは住宅ローン減税の控除や適用条件について詳しく説明しています。質問や注意点までも掲載しています。マイホームをお考えの人に必見のサイトです!
www.jyutaku-genzeinavi.com/